明昌堂クリエイティブレポート
83/85

http://www.meisho-do.co.jpMeisho-do Creative Report Vol.44May 21,2018わせ、必要な文字スタイルや段落スタイルを設定してお客様にお渡しします。 当社のテンプレートを使用することにより、以下のようなメリットも期待できます。 Wordテンプレート使用によるメリット・作業の効率化(納期短縮)や品質向上・ テキスト量の換算がしやすくなり大幅な文字数の過不足が防げる・著者が複数いる場合の原稿体裁統一 すでにWordで作成されたテキスト原稿がありテンプレートを使えない場合は、文字色を使ってスタイル設定する方法もあります。InDesignは取り込んだWordテキストの文字色を判別できるので、赤は太字、青は下線といったように、文字色で区別しておくことで、InDesign上で自動的にそれらのスタイルを適用させることができます。また、反対にInDesignデータから、各種スタイルを文字色に置き換えたWordデータとして抽出することも、当社では可能です。  ただし、Wordテンプレートの使用は、複雑なレイアウトの商品には適していません。紙面の指定をスタイル設定だけで無理に完結させようとすると、原稿作成の負担が非常に大きくなってしまいます。そのような場合は、それぞれの商品の体裁に沿ったテキスト原稿の作成方法を提案させていただきます。■インラインフレーム処理プログラム 最新のWordは、レイアウト機能も十分備えています。そのため、入稿していただくWordデータの中にはInDesignで組版をしたように綺麗にレイアウトされたものがあります。これらは紙面イメージが伝わりやすい反面、DTP原稿としては不適切と言われてきました。Wordのデータ上にある画像やテキストボックスなどのオブジェクトは、そのままInDesignに取り込むと画像フレームやテキストフレームとなり文章内(インライン)に自動的に挿入されます。しかし、Wordのレイアウトを再現することができず、乱れた状態になってしまうためです。 この問題を解消するため、当社では「インラインフレーム処理プログラム」を開発しました。下の図で示す通り、この処理を行うことでインラインボックス内のテキストや画像が自動的に整理されます。複雑にレイアウトされたWordデータでも、当社へなら入稿いただけます。図1のように複雑にレイアウトされたWordデータをInDesignに取り込むと、図2のようにインラインフレームが乱れた状態で文章内に挿入されてしまいます。当社が開発したプログラムを実行することで、これをDTP原稿として適切なテキストデータに変換します。インラインフレームを文末にまとめたり、別ページにまとめたりすることが可能です。【図1】Wordドキュメント【図2】InDesignに取り込んだままの状態【図3】プログラム処理後のInDesign2/2▲

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る