明昌堂クリエイティブレポート
82/87

1/2http://www.meisho-do.co.jpMeisho-do Creative Report Vol.44May 21,2018Microsoft Wordで図る原稿作成の効率化についてテキスト原稿の制作アプリケーションとして主流のMicrosoft Word。使い方次第で編集作業をよりスムーズに行うことが可能です。Wordの効果的な活用方法、および当社の支援についてもご紹介します。 この「段落スタイル」「文字スタイル」が、Wordにも採用されています。Wordでテキスト原稿を作成する時にスタイル設定を行っておくと、InDesignに取り込んだ際、それらが自動的にインポートされます。 ルビについても、Wordで設定したものをInDesignに反映させることが可能です。グループルビ、モノルビの双方に対応しています。モノルビは、Wordのルビダイアログで「文字単位」ボタンを押すことで簡単に設定することができます。 これらの処理を行ったテキストデータを「Wordのスタイル設定(ルビ)を活かす」という指示を添えて入稿していただければ、他に指定紙は要りません。■商品に合わせたWordテンプレート作成 指定をWord上で行うのはいいけれど、スタイル設定などの手順がよくわからないというお客様のために、当社ではWordのテンプレート作成を行っています。テンプレートは、InDesignでの仕上がりイメージに合▲■Wordでスタイルやルビの指定を行う DTP原稿としてテキストを入稿する際には、データと共に「見出し」「文字飾り」「ルビ」等の指定が必要です。従来、この指定はデータからプリントしたものに手書きでマーカーを引くという方法で行われてきました。DTPの現場では、その指定を確認しながら一つ一つ手動で設定していきます。しかし現在、このアナログ方式は編集側、制作側の双方にとって効率的な作業フローとは言えません。また、人の手で行う作業であるためミスの発生を完全には防げません。 当社ではWordとInDesignの親和性を活かしたテキスト原稿作成をおすすめしています。 InDesignには、「段落スタイル」と「文字スタイル」という設定項目があります。「段落スタイル」は見出しや本文のつくり(書体、級数、行間など)を段落単位で設定し、「文字スタイル」はそれを文字単位で設定するもので、美しく体裁の整った紙面を効率的に制作するために必要不可欠な機能です。WordInDesignスタイルを設定したWordデータ左のWordデータを取り込んだInDesign

元のページ  ../index.html#82

このブックを見る