明昌堂クリエイティブレポート
78/87

1/2http://www.meisho-do.co.jpMeisho-do Creative Report Vol.42January 10,2018スクリプト活用による書籍制作の効率化DTP制作においては、スクリプトを使って操作を自動化することにより、編集業務や組版作業の大幅な時間短縮、省力化を図ることができます。当社の活用実績をご紹介いたします。スクリプト開発も承っています。社ではスクリプトを活用して、自動組版には向かないような商品でも、細かい部分の自動化を複数行うことでフロー全体を効率化しています。 また、作業を自動化することにより、人為的なミスを最小限に抑えることができます。正確性や安全性の向上もスクリプト活用の大きなメリットです。 当社が開発したスクリプトによって、どれだけ作業時間が短縮できたか、実例を裏面でご紹介します。 データの管理、入稿準備といった編集業務にもスクリプトは活用できます。お客様の要望をお聞かせいただければ、そのニーズに合わせたスクリプトを当社で開発し、ご提供いたします。▲■スクリプトとは スクリプトとは、プログラミング言語の中でも記述や実行が比較的簡易な「スクリプト言語」で書かれたプログラムです。 書籍制作の効率化というと、自動組版が思い浮かびます。自動組版はデータベース化した情報からページを正確に、短時間で組み上げることができます。 しかし、ページを組み上げることだけではなく、管理するのに最適な状態にデータを整理したり、組版作業を効率的に行うために前もってデータを加工したりすることもDTPにおいては欠かせない作業です。 そういった作業を支援するのがスクリプトです。当材料A材料B前工程スクリプト自動組版塗装が大変だからシールにしよう…材料は届いたけど、整理されてないしこのままだと時間がかかりそうだ…加工するのが手間だから金型作ろう…ポチ… ポチ…ガチャ…ガシャ…まずは、材料ごとに仕分けから…仕上げと確認だけだかららくらく同じモノを沢山作らないといけない…準備が大変だったけど組立機を作りました明昌堂の組版 速さの理由

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る