明昌堂クリエイティブレポート
31/87

2/2http://www.meisho-do.co.jpMeisho-do Creative Report Vol.17September 18,2012▲完成 kobo touchに対応させるためには、拡張子を「.kepub.epub」とします。端末にて動作確認して完成となります。【EPUB3.0形式(kobo touch版縦組書籍)の電子書籍作成の流れ】扉・挿絵・特殊体裁の画像データ化 電子書籍化する際に、扉や挿絵、コラムなどの特殊な体裁の箇所を、EPUBで使用できる形式の画像として別個作成していきます。データのない書籍に関しましては、原本よりスキャンして使用します。EPUB対応の画像形式:GIF・JPEG・PNG・BMP・WMF・EMF1ベーステキストデータの作成 余計なページ周りの素材(ツメ・ハシラ・ノンブル・地紋)や、画像化したコラム、挿絵などを除去していきます。そして見出し+本文といった基本要素だけが残るようにします。 書籍データがない場合はOCRで取り込んだテキストデータをInDesignで仮組みします。この仮組みでは、見出しと本文の区別がつくように段落スタイルを設定しておきます。 外字に関しては、ビューアによって対応・未対応が分かれているため、画像として入れておくことが基本です。2EPUB3.0形式での書き出し・成形 ②で作成したデータをEPUB3.0形式に変換します。InDesign CS5.5以上から直接書き出しができますが、書き出したままでは、体裁が整っていません。EPUB形式では添付のCSS記述を変更していくことで、体裁を整えていきます。 また、①で作成した画像データを所定の箇所に挿入していきます。34【MCBookを使用したEPUB3.0作成】  上記のほかに、MCBookを使用した作成方法もあります。MCBook上で成形してからEPUB3.0に書き出しますが、一度電子書籍として成形していますので、InDesignからの直接書き出しより、完成形に近い状態に変換することができます。

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る